Olive Market(オリーブマーケット)|保存方法

保存方法

当店のオリーブは調味したもので、長期保存のための添加物等は使用しておりません。
オリーブの実は空気に触れることで、酸化したり、カビの発生や実の軟熟などの要因につながります。
漬け物と同じように考えていただければ良いでしょう。
これを防ぐには、オリーブオイルに浸し真空状態で冷蔵保存が最も有効です。

賞味期限について

オリーブについて

グリーンオリーブ、ブラックオリーブ、オイル漬け、塩水漬けに関わらず、製造日より20日となります。
ただし、ホットチリブッラにつきましては、製造日より10日となります。詳しくは、お問い合わせください。

ピクルスについて

キュウリは、製造日より50日となります。
ただし、アスパラガスなどは、製造日より20日となります。詳しくは、お問い合わせください。

その他お品物について

完熟トマトのマリナーレは、製造日より10日となります。その他の商品は、製造日より20日となります。
詳しくは、お問い合わせください。

店休日翌日を商品到着日にに指定した場合は、店休日の前日の発送になりますので、著しく賞味期限が短くなる場合がありますのでご注意ください。

手軽にできる保存方法

① 開封後ビニール袋等に移し変えます。
② 実が浸たるぐらいオリーブオイルを入れます。(エキストラバージンオイルが最も適しています。)
③ 空気を抜くようにしながらビニール袋の口を縛り冷蔵庫で保存します。

オイルが冷え白く凝固しますが、常温でもとに戻ります。
オリーブオイルは他のオイルに比べ凝固しても劣化しにくい特性があります。
浸したオイルは、ドレッシングや炒め物、パスタ等にご使用していただければ、二度楽しめます。
オリーブに強い酸味(舌を刺すような酸味)を感じたら食べることはお止めください。

風味・食感を損なわず美味しく食べていただけるために

当店人気オリーブ

●ミラノ風アンチョビ グリーンオリーブ(バジル風味)
●ホットチリ ブラックオリーブ
●ガーリックアンチョビ オリーブ(シチリア風)

開封後、冷蔵保存で約5日間程度で風味が失われ、酸味がではじめます。

種付きブラック系オリーブ

●オレガノ風味 種付きブラックオリーブ(オイル漬け)
●ネレガエタ ブラックオリーブ など

種類にもよりますが、酸味はほとんど無く、実も柔らかくなりにくいオリーブです。
開封後、冷蔵保存で約5日間程度は、品質が保持されますが、実がやわらかくなり風味が失われてきます。

種付きグリーン系オリーブ

●種付きフェンネル風味 ハーブグリーンオリーブ
●フレスキー グリーンオリーブ など

ブラックに比べ、実が柔らかくなりやすく、酸味がではじめるのも早いオリーブです。
開封後、冷蔵保存約5日で風味が失われ、酸味がではじめます。

スタフッド系オリーブ(種を抜き詰め物をしたオリーブ)

●スタッフドレモン グリーンオリーブ
●スタッドピメント グリーンオリーブ など

発酵させたオリーブを加工しているため、実も柔らかく、酸味があります。
開封後、冷蔵保存で約5日間程度で風味が失われ、酸味がではじめます。

各種ピクルス

●スイートピクルス
●ディルサワーピクルス
●アスパラガスのピクルス
●桃の実のピクルス など

ピクルスは、漬け汁に十分浸ってある状態で冷蔵保存であれば長期保存(約1ヶ月程)も可能ですが、実が柔らかくなったり、漬け汁が凝縮され風味が損なわれてきます。

ドライトマト

●完熟トマトのマリナーレ(セミドライトマト)
●ドライトマトのオイル漬け など

冷凍で1ヶ月程度保存できます。小分けして冷凍保存が便利です。
開封後、冷蔵保存約2~3日程度となります。

その他

●ミックス野菜のレリッシュ各種

高温多湿をさけ冷暗所に保管してください。開封後は、冷蔵庫で保管してください。

●オリーブオイル各種

高温多湿をさけ冷暗所に保管してください。10℃から15℃の室温で保管をお勧めいたします。

風味・食感を大切にしていただくためにも、開封後はお早めにお召し上がりください。特に5月から11月ぐらいまでは、気温上昇により商品が傷み易くなっております。

ページトップに戻る